「美食」で自立するスペインの地方都市に学べ

小さな地域であっても「稼ぐ仕組み」は作れる

サン・セバスチャンから30分ほど車を走らせると隣にある、オンダリビアは、さらに小さな1.6万人の小都市。対岸に見えるのはフランスという、まさに国境の港町です。しかし、このまちも小さいからといって暗いイメージはまったくありません。

また、小さな港町だからといって、日本の港町の観光拠点のように刺し身や丼もののような、素材そのままを出すのではありません。しっかりとした調理技術を持った、訪問するに値するすばらしいレストラン、バルなどが存在しています。特にフィッシュスープなどは手間をかけて魚介の旨味を引き出した一品。これだけでも目当てに行く人がいるのがうなずけます。

保養地としてのポジションを獲得

都市経営的には、観光というよりは、ここは保養地としてのポジションを獲得しています。夏には保養地としてスペイン、フランス両国から多くの人が訪れるわけです。そのため、立派なセカンドハウスが多数存在しており、これらは自治体に固定資産税収入をもたらし、長期滞在中は、先のようなおいしいレストラン、センスある市街地の小売店などで大きな消費需要が生まれ、結果として地元産業発展と共に、売上税収入をもたらします。

小さくても「誰」をどのように集め、どのようにおカネを落としてもらうかを考える。そうすれば、できることはあるわけです。いや、むしろ小さいからこそ、このような特化型の都市ができるとも言えます。

画像を拡大
(左)立ち並ぶ立派な住宅。(右)地元名物の濃厚なフィッシュスープ
次ページ「里山十帖」が話題な理由
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT