適切な規制によって金融危機の回避は可能だ

現在の規制ではいまだに不十分

実際、2008年にリーマンブラザーズの破綻が発表された翌日、リーマン債に投資していた米MMF、リザーブ・プライマリー・ファンドが深刻な事態に見舞われた。総資産の減少に伴い、額面割れを起こしたのだ。取り付け騒ぎの危機が迫ったとみた米政府の対応は素早かった。MMFの元本保証プログラムを創設したのだ。

同ファンドは額面割れを起こしたものの、1ドルに対して0.97ドルを支払う能力はあった。それでも前例がないほどの金融支援が実施された。その背景には何があったのか。それは閉店した銀行の周辺に憤った民衆が列を成すという、1930年代の大恐慌の記憶であろう。

2008年には大恐慌の恐怖が甦った

大半の人々は1930年代にはまだ生まれていなかった。その上、物価の安定が長く維持されていたため、インフレによって正味の価値が毀損されることの恐ろしさは忘れられていた。

しかし、2008年には、大恐慌に関する風説があらゆる領域で再び飛び交い、金融恐慌や閉店した銀行の周辺に憤った民衆が列をなす光景が生々しく人々の心に甦った。

このため、MMFの額面割れ自体は比較的小規模な出来事であったにもかかわらず、民衆も政府も大きく反応したのだ。政府は、大恐慌はあくまで大昔の話であって再現はあり得ない、と繰り返し説明していたようだ。

その後、金融規制は年々改善されたが、本質的に不安定な市場にはリスクが潜んでいる。当局に求められるのは、過去の記憶による対処だけでなく、市場の変化を読み取る不断の努力のはずである。

週刊東洋経済6月4日号

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT