適切な規制によって金融危機の回避は可能だ

現在の規制ではいまだに不十分

ワシントンにあるFRB本部(写真: ロイター/Kevin Lamarque)

原文はこちら

「昔の方法で戦争を行っている」と軍上層部が指摘され、その方法の見直しを勧められたとしよう。その場合、指摘する側にはどんな心情があるだろうか? 

おそらく、過去と同じ武器や戦闘方法を取るのは間違いだとの認識があり、軍部の士気の変化など、その他の要因には目が届いていないケースも多いのではないだろうか。

同様の状況は、金融危機の回避を使命とする金融当局にも当てはまる。過去の危機に対する認識に沿って規制を設け、その後の大衆心理の変化を見落としてしまい、次の危機への対処に遅れる事態が、現在も続いている。

現在の規制ではいまだ不十分

スイスのバーゼルに本部を置く金融安定理事会(FSB)の最新の進捗報告では、世界の主要24カ国において、経済の安定性を高める金融規制の明確な改善があったとされた。実際、14の規制分野において進展を示す表も公開された。しかし現実には、金融市場は安心できる状況には至っていない。現在の規制では、まだ不十分といえる。

具体例を挙げよう。リーマンショックが起こった2008年以降、一部の国で設けられたMMF(マネーマネジメント・ファンド)の規制がある。多くの国でMMFは個人の資産を管理し、銀行の代替として活用されていた。そのため銀行預金の場合同様、取り付けが発生する可能性もわずかながら抱えていた。

次ページリーマンショックで過剰反応が起きた理由は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT