20代女性が「産まないこと」を決断したワケ

産まないという決断は"悪いこと"ではない

「両親を恨んでいるわけではありません。でも家庭の作り方がわからない私にとって、結婚というのは離婚ありきで考えてしまうんです」

離婚することに対しては悲観的ではないので、嫌だなと思ったらすぐにでも離婚すればいいという考えがある。しかし結局は自分のエゴであり、そこに子供を巻き込むのは可哀想だと思うのだ。

それに母親のように愛情を注げるかもわからない。結局は自分が可愛いから、いつか子供を傷つけてしまうことになる。ならば最初から結婚も、産むことも必要ない。

「そう考えてしまう私って変ですかね」

その人の子供は産みたいとは思わなかった

和香には一度だけ、結婚してもいいと思える相手がいたという。同じ会社の人で、先輩としても尊敬できる人。好きだと思ったときはその人との家庭も想像した。ただしそこには子供の姿はなく、二人だけの世界。そういった形はいくらでもあるし、結婚したいと思えただけでもすごい進歩だ、と思った。しかしその人から出たのは「子供は欲しいんだよね」という言葉。

その瞬間に自分ではこの人を幸せにできないと考え、身を引いた。そのあと彼は結婚し、今ではお父さん。結婚したと聞いたときは流石にショックだったが、彼の幸せそうな生活を聞いていると心から祝福できる。

それ以降、6年経ったいまでも当時の彼ほど結婚したいとは思えず、シングルを謳歌しているそうだ。結婚したくない和香にとって、彼氏という存在もあまり必要ではない。そのため、恋愛に関してはフリースタイルでいることが多く、相手も自分と同じように結婚する気がない人ばかりだという。

お互い50歳を過ぎてもシングルだったらルームシェアでもしようか、と冗談で言える関係が和香にとっては心地が良い。なかには結婚しないということを真っ向から否定され、子供が産めない人に対しても失礼だと言われたこともある。それは和香も十分理解していた。できるものなら変わってあげたい。

次ページ今の悩みとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT