弁護士は「婚前契約」をしないと結婚しない?

弁護士の婚活事情最前線<2>

34歳で独身を貫くエリート弁護士の結婚観は?

弁護士は、婚活市場においていまだに優良銘柄なのか? それとも、2016年の東京において、弁護士がモテるというのはもはや幻想にすぎないのか? そんな議論が盛り上がりを見せる中、前回は、爽やかな若手エリート弁護士が登場し、イマドキの弁護士モテない説に異を唱えた。

たしかに、大学の図書館にこもり、20代のキラキラした時期を勉強に捧げてきた弁護士の生態は、他の業界からすると謎が多いだろう。一般の企業に比べ、とにかく個性の強い人が多い弁護士業界には、他にも様々なタイプの弁護士がいる。弁護士の婚活事情の実態を知るには、タイプの異なる弁護士の話を聞いていく必要がありそうだ。

今回は、34歳でなお独身を貫くエリート弁護士のライフスタイルと結婚観に迫る。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:紀彦34歳
勤務先法律事務所:都内ブティック型法律事務所
年収:約3000万円
学歴:東京大学、アメリカの有名ロースクール
住まい:白金高輪
家賃:30万円
交際ステータス:独身・彼女なし
趣味:アニメ鑑賞(ラブライブ)

1時間4万円の売上!34歳弁護士

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

筆者が弁護士の友人を通じて紀彦と知り合ったのは、つい最近のことだ。180cmの長身に、やや筋肉質の体形。高級なオーダースーツに身をつつみ、銀色の細いフレームの眼鏡をかけた紀彦は、いかにもデキる弁護士といういでたちだ。そんな彼が、34歳ながら独身・彼女なしというのは一見意外だが、会話をすればすぐにその理由を知ることになる。

待ち合わせ場所に現れた紀彦は、開口一番、「時間通りにお願いしますよ。僕は通常アワリーで4万円チャージするので。」と言い放った。冗談とも本気ともとれる口調に、どう反応してよいものか迷ったが、笑っていないところを見ると、冗談で言っているわけではないのだろう。

*注記:アワリー=クライアントに1時間当たり請求するフィー。40歳手前の5大事務所パートナーでも4万円ほどであり、34歳にしては破格な部類といえよう。

次ページ女性と付き合うことに生産性が見いだせない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT