上を目指すならば「キャラ被り」を回避しよう

自分だけの「型」ができれば強くなる!

塩野:なるほど。ポジショニングの話に戻りますけど、「東大出身」であることを見え隠れさせるのであれば、"ダークな池上彰さん"なんてどうですか。時事ネタをダークに解説していく。トランプが大統領になるかもしれない時代なので、ネタはいくらでもあると思います。

う~ん、賢いこともしたくないというか…

石井:ダークですか……。私、下ネタは好きですけど、ブラックネタはあんまり言わないんですよ。それに賢いこともしたくないというか……。

「東大、マッキンゼーなのにこんなバカなネタやるんだね」っていうところをずっと目指していたんです。高学歴なのに、全然知的じゃないネタをやっている、というところに行きたくて。「東大出て何してんねん!」みたいなことを突っ込んでもらうのがいちばんうれしい。でも、なかなか売れない。ということは世の中の需要はそこにないのかもしれませんが。

以前、韓国の少女時代のコスプレをして、「短足時代」ってネタやっていたんです。それは、もう東大であることを一言も言わないですし、インテリの要素もゼロ。けど、ライブでもドッカンドッカン受けた。すごいファンも増えました。

でも結局、テレビに出られるクオリティではなかった。実は売れていない芸人であっても、みんなめちゃくちゃ面白いんですよ。ネタを見るとそれぞれ面白い。でも、それだけじゃテレビに出られない。「何が足りないんだろう?」って考えたときに、面白いだけじゃなくて、その人にしかできないこと、代替性の低さと、今まで見たことない感じというのが、絶対に必要なんですよね。

塩野:要するに、かぶっていない感ですよね。

大切なのはかぶっていない感

ほかの人と「かぶっていない感」は重要。ビジネスパーソンにもいえることだろう(写真:jagodka / PIXTA)

石井:そうなんです。かぶっていない感です。これが、絶対に必要なんです。テレビに出てネタやるという意味では。短足時代はアイドルのパロディで踊りも入れていたので、「キンタローさんっぽいね」ってすごい言われたんです。だからテレビに出られなかったんだな、と自分では分析しているんです。

ダークな池上彰さん――。テレビに出るためだったら、こういうことをしたらいいぞ、というアドバイスは本当によくわかるんです。でも、やっぱり心がついていかないことはしたくない。私は、だから「中途半端」って言われ続けています。

塩野:純粋にネタで勝負をしたい、ということですよね。だったら東大であることは前面に出さず、ネタそのもので売ったほうがいいかもしれません。後で何年か経って「あの人、実は東大の理系みたいよ」みたいな。

次ページ理想は東大とは無関係でウケること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。