上司との対話も一種の“営業行為”です

対話をスムーズに進めるための気配り

上司との対話も、一種の”営業行為”

実際に上司と話すときに普段と違って、緊張して固まったような態度で話す人がいます。あるいは手を膝の上に置いて、従順そうな姿勢で対話する人もいます。

「あのー、実は…、そうですね…」

歯切れも悪く、固まったままで対話をしているとテンポも悪く、相手の印象も悪くなってしまう場合があります。上司を立てて対話をしているはずが、むしろマイナスになっているとは、もったいない話です。あるいは上司から緊張しすぎているように見え、

「本当に言いたいことが言えているのだろうか?」

と思われてしまうかもしれません。

むしろ、伝えたいこと、特に重要だと思うことがあれば、身ぶり手ぶりを交えて対話したほうが趣旨は伝わります。考えてみてください。営業パーソンはお客様にプレゼンテーションをする際、理解度を高めるために、

「社長、この商品のセールスポイントはココです」

と強調するところでは語気を強めて、拳を握ったり、強調したいところで胸をたたいたり、派手な身振り・手振りもいとわないことでしょう。

上司と対話する場合だって、ある意味で説得、理解を高める営業行為です。お客様にプレゼンするときと同等に、伝えたいことに対して動作をつけてもまったく問題はありません。むしろ、深く伝わることでしょう。私も上司に報告・相談するときには身ぶり手ぶりをつけて話をしていました。例えば、

●「私が思うには…」と意志を強調したいときには、手を胸に当てる
 ●「任せてください」と信頼を獲得したいときには、胸をたたく
 ●「これでいきましょう」と押すときには、拳をグーにして突き出す

といった動作を、対話に勢いをつけるスパイスとして行っており、実際に効果も大きいものがありました。また、動きを交えることで相手の視点が動き、対話に躍動感が生まれます。社内でも営業でも、対話の原則は同じなのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT