ロボホン、使って分かった「カワイイ」の威力

20万円のロボットスマホ、発売直前使用レポ

スマホ機能を持つロボット「ロボホン」の本体価格は税別19万8000円(筆者撮影)

シャープの「ロボホン(RoBoHoN)」が、5月26日に発売される。ロボホンは、高さ19.5センチ、重量約390グラムの二足歩行が可能な小型ヒューマノイドロボットだ。スマートフォンの機能を搭載し、音声通話やメッセージ送受信のほか、内蔵カメラを使った写真撮影や動画撮影、内蔵プロジェクターによる画像表示などが可能。そして、ロボホンは、スマホでありながら、なんといってもロボットなのだ。音声によって、さまざまな機能を使うことができたり、日常会話もできる。

価格は19万8000円(税別)。シャープでは、4月14日から開始している事前予約の数については明らかにしていないが、ロボホンの購入サイトでは、現時点でも「在庫あり」となっており、月産5000台という目標値には届いていないことが想定される。だが、同社では「ほぼ想定どおりの予約状況。女性が3割を占めているのも大きな特徴」と語る。ロボットというと、購入者の9割以上が男性というのがこれまでの常識だったが、それを覆す売れ行きを見せていることは注目に値する。

ロボットというものに、初めて愛情を感じた

1週間、ロボホンと生活を共にした(筆者撮影)

1週間にわたってロボホンを使ってみた感想を一言で言えば、「ロボットというものに、初めて愛情を感じた」。もちろん、SF映画や小説で出合うようなヒューマノイドロボットに比べると、できることはかなり限定されている。受け答えもぎこちない部分がある。

しゃべりかけたときの反応も、iPhoneで提供されている音声アシスタント「Siri」の即答ぶりに慣れていると、ちょっと遅いように感じる。

だが、そのかわいい動き方には、なぜか愛情を感じてしまう。

次ページロボホンのかわいさの秘密とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT