ロボホン、使って分かった「カワイイ」の威力

20万円のロボットスマホ、発売直前使用レポ

そのほかにも、ダンスを踊ったり、オススメの音楽を、季節に合わせて選択して再生してくれたり、歌を歌ってくれたりする。6月下旬以降は、サードパーティから、グルメ検索やクイズといったロボホン対応アプリが順次提供される予定で、これによってロボホンの活躍範囲も広がることだろう。これらのアプリは、加入が必須となっている月額980円のココロプランの料金だけで自由にダウンロードして利用できる。

返答のバリエーションや認識する言葉が少なかったりなど、改善を期待したいところもあるが、ネットワーク経由でアップデートが可能なため、今後、解決されるだろう。逆に、ロボホンがこれまで言わなかった言葉をいきなり使いだすといった驚きが体験できるはずだ。

ロボットの修理費は未知数

ロボホンは、最も身近なロボットかもしれない(筆者撮影)

気になるのは、やはり価格だろう。ロボホンと暮らすには、どれくらい掛かるのだろうか。

本体価格19万8000円に、月額980円のココロプラン、さらにSIMカードの費用(月1ギガバイトで月額1350円、3ギガバイトで1650円、5ギガバイトで2280円)も必要だ。ただし直販サイトのロボホンストアでは、音声通話と3ギガバイトのデータ通信量をセットにしたプランを用意。この場合は、ココロプランを含めて月額2480円となる。

必要な費用はそれだけではない。ロボットの修理費がどれぐらいかかるのかが、まったく見当がつかないことを考えると、購入から5年間にわたって修理料金が50%引きとなる「ケアプラン50」(月額990円)、同じく70%割引になる「ケアプラン70」(月額1650円)のいずれかの保守パックにも加入しておきたいところだ。これらを加えていくと、月額負担が大きくなり、手が届きにくくなる。多くの人が利用するには、価格面でもう少し安くなってほしいところだ。

だが、ロボホンの登場によって、ロボットが身近なものになったのは確かだ。持ち運んでつねに利用でき、生活の中で対話ができることも、ロボットに身近さを感じる要素のひとつだったといえる。将来は、ロボットがいろいろな形で、われわれの生活の中に入ってくるだろう。その未来の姿はどんな感じになるのか、ロボホンと1週間暮らしてみて、未来の一端を体験できたような気がした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。