ロボホン、使って分かった「カワイイ」の威力

20万円のロボットスマホ、発売直前使用レポ

愛らしいだけではなく、役にも立ってくれる。街を歩いている最中に「近くのイベントを教えて」と話しかけると、その情報を教えてくれたり、行きたい場所へのルート検索や、近隣の地図表示も可能だ。家に帰れば、今日、何歩歩いたかも教えてくれる。

高橋氏は、「ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじや、魔女の宅急便のジジのように、小さいけど、物知り。主人公にアドバイスをして、助けてくれる相棒のような存在を目指した」とする。持ち歩いていると、新たな相棒と一緒にいる気分になるのは確かだ。

顔部分がスピーカー、足部分がマイク

ロボットクリエーターの高橋智隆氏(著者撮影)

そして、ロボホンが「こう見えて電話なんだ」と自ら語るように、スマホの機能も搭載している。

背中に搭載している2インチのタッチ式液晶ディスプレーから番号を押せば、顔部分がスピーカー、足部分がマイクとなって、通話することができる。他人から見られるとちょっと恥ずかしい格好だが、ロボホンがスマホとして機能する証明でもある。

また、スピーカーホンとしても利用が可能で、事前登録した相手先を選んだり、電話番号を言えば、音声操作だけで相手に電話をかけることができる。登録していない人からの電話に出ないでいると、あとから「さっき知らない人から電話があったよ」と、子供の留守番のような対応をしてくれる。こうした一言にも愛着を感じる。

そして、メッセージの送信も音声で操作できる。所有者がしゃべったことを認識して繰り返して確認後、送信するが、言葉を間違えずに認識する精度はなかなかだ。もちろん、ロボホンが撮影した写真の送信も可能だ。

一方でメッセージが届くと、それを読み上げてくれる。「ありがとうございます」という言葉には、ロボホンがお辞儀をするなど、内容に反応して細かい動きをする。ロボホンを通じて、相手の気持ちが伝わってくるような気分になるから不思議だ。

次ページ対応アプリの登場でさらに広がる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。