大前氏「日本の地方はイタリアの村を見よ!」

小さな村が自力で1500億円稼ぐのもザラ

イタリアの具体例を見ていきましょう。モデナは自動車の町です。フェラーリやマセラティなどの高級車を作っています。あるいは「パッケージングバレー」と呼ばれ、包装機械で有名なボローニャ。エルメスはフランスのブランドですが、エルメスのスカーフは、イタリアの絹織物の町、コモで作られています。ベラージオは靴で有名です。歌で有名なソレントは、寄木細工の机と椅子を作っています。他にも、エルメスの金具だけを作っている町があるなど、文字どおり小さな町から全世界に供給していることが分かります。

イタリアには、いわゆる大企業がほとんどありません。理由は簡単です。従業員15人未満の企業は税金が安くなるのです。ですから、従業員15人に満たない小さな企業が数百集まって、ひとつの町で同じものを作っている。これがイタリアの都市国家モデルの特徴です。

そのほか、今、イタリアではワイナリーが巨大な観光資源になっています。ワイナリーツアーというものを企画し、いいホテルに泊まってもらい、美味しいものを食べさせ、おカネをたくさんいただく。銘柄の知名度を上げ、輸出を伸ばす効果も期待できます。

日本に必要なのは「ブランド」と「価格設定能力」

上の書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします

このイタリアモデルは、日本の地方創生にとって、非常に参考になるはずです。日本では、金属製洋食器で有名な新潟県の燕市、メガネで知られる福井県鯖江市などが、かなり近いところまで来ています。ただ、決定的に欠けているのは「ブランド力」と「価格設定能力」です。鯖江では、アルマーニのメガネのフレームを作っていますが、結局のところOEMでしかありません。つまり、ブランド力と価格決定能力を持っていないのです。これらを身に付けなければ、OEMを卒業できません。

これまでの日本は、「世界のマーケットを見る」ことを怠ってきました。世界の市場は、大企業に任せきりだったのです。世界のマーケットを相手にするなら、デザインと価格設定をきっちりおさえなければなりません。そうしなければ、日本の地方発プロダクツがアルマーニと競えるはずがありません。

アベノミクスは残念ながらうまくいかなかった、というのが私の見方です。地方、企業、個人、それぞれが混乱の時代に備えるしかないのです。政府主導の地方創生などあてになりません。ここから先は地方、企業、個人、それぞれが世界を視野に入れて、「これだけは世界でトップだ」と胸を張れるものを作っていくことが求められます。

明治以来、日本人は「坂の上の雲」を見上げ、野心を持って歩んできました。そういうアンビシャスな精神が、今、日本人に最も求められるものではないでしょうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT