一流のクリエイターは、皆「勘違い」の達人だ

ヒットを生み続けるために必要な「恥知らず」

クリエイターになるために必要な勘違いとは?(写真 :Graphs / PIXTA)
長年コンテンツ業界で仕事をしてきた岩崎夏海氏が、その中で培った「価値の読み解き方」を駆使し、混沌とした現代のライフスタイル感をつづります。本記事は岩崎夏海メールマガジン「ハックルベリーに会いに行く」(夜間飛行)からお届け。

小説は「恥知らず」でなければ書けない?

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

最近、「クリエイターとは何だろう?」ということを再び考えている。「クリエイター」とは、何かを作れる人のことだ。

では、どうしたら何かを作れるのか? たとえば、小説はどうしたら書けるか?

そこで思うのは、小説を書くにはある種の「勘違い」が必要だということ。だから、クリエイターには「勘違いした人」が多い。というか、そういう人しかクリエイターにはなれない。

では、クリエイターになるために必要な勘違いとは何か? 今回は、そのことについて書いてみたい。

クリエイターに必要な「勘違い」とは、「私はこの世界を理解した」という思い込みのことである。たとえば、「ニートが異世界に転生した小説」を書こうとし た場合、作家には「私はニートを完璧に理解している」あるいは「私ほど異世界に詳しい人間はいない」といった勘違いが必要だ。これがないと書けない。

次ページ「分かった気」にならないと、筆は動かない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT