東京は今後も五輪開催を目指すべきか

東洋経済1000人意識調査

44.5%が「引き続き開催を目指すべき」

東京都は石原慎太郎前知事を先頭に2020年の夏季五輪招致活動を進めてきた。石原氏の都知事辞任によって、今後の五輪招致活動はどうすべきか尋ねた。44.5%が「引き続き開催を目指すべき」と多数だが、半数には達していない。

石原都知事が10月31日付で辞任しました。
東京都は石原氏を先頭に2020年の夏季・東京五輪招致活動を進めてきましたが、今後も東京は引き続き五輪開催を目指すべきでしょうか。 あるいは計画の見直しや断念なども検討すべきでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済2012年11月24日号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。