ロンドン五輪、10億円のサムスンに0円で勝ったアップル

ロンドン五輪、10億円のサムスンに0円で勝ったアップル

ロンドン五輪が閉幕した。4年に1度のスポーツの祭典は、企業にとっては重要な広告宣伝の場である。そこで金メダル級の活躍を見せたのがアップルだ。

女子バレーボールの真鍋政義監督がアイパッドをフル活用する様子は、テレビ番組などで繰り返し紹介された。卓球の福原愛選手、フェンシングの太田雄貴選手、柔道の中村美里選手などが、対戦相手の分析にアイパッドやアイフォーンを使用する姿も報じられた。

日本オリンピック委員会(JOC)はロンドンに、選手用のマックブックやアイパッドを用意していた。これらの端末はアップルが無償配布したのではなく、選手やJOCが自腹で購入したものだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。