ロンドン五輪、10億円のサムスンに0円で勝ったアップル

一方、悔しい思いをしたのはライバルのサムスン電子。

11社ある「ワールドワイドオリンピックパートナー」の1社として、五輪期間中に選手村などでギャラクシーシリーズをデモンストレーション(写真は開会式でのプロモーションの様子)。

日本でもNTTドコモを通じて、日本選手団にタブレット端末ギャラクシーノートを無償配布した。日本での宣伝にも力を入れ、広告代理店の推定では、サムスン日本法人は期間中に約10億円のテレビCMを打った。しかし、肝心の選手の利用はいま一つ。五輪の宣伝効果は、アップルに及ばなかった。

(山田俊浩 =週刊東洋経済2012年8月25日特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。