「霞が関文化と訣別を」船橋洋一氏らが意見

原子力規制委が有識者招く

「被害者の視点に基づいた欠陥分析を」柳田氏

作家・評論家の柳田邦男氏は、政府の事故調査会のメンバーとしての経験を踏まえ、「これまでできなかった事故の論理的な分析作業を規制委に引き継いでほしい」と述べた。そして、規制委に求めることとして以下の6点を挙げた。

第1に、原発の安全は経済効果とは明確に分けて追求すべきということ。第2に、リスクを先送りし、隠ぺいする安全文化を一新すること。第3に、被害者の視点に基づいて安全規制の欠陥分析を行うこと。第4に、組織事故論に沿った諸要因の洗い出し作業が重要であること。第5に、言葉使いやタイミングなど情報発信のあり方を考えること。第6に、安全に関する意思決定において想定外の事態を前提とし、リスク要因を公に明らかにすること、だ。

有識者5人の意見について、規制委の田中委員長は「いずれも非常に重たい意見」として、今後の安全規制に生かしていきたいと述べた。また、更田豊志委員は来年7月までに策定する新たな安全基準が「ベストなものと考えるのは完全な思い上がりであり、継続的な改善に努めていきたい」と発言。大島賢三委員は、「規制委は大きな権限と独立性を持っているが、独善的になることなく、活動が国会などにより監視されることが重要」と語った。

規制委では、今後もこうした有識者の意見を聞く機会を設けていく意向だ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。