悲劇!30代で「介護うつ→離職」泥沼化の構図

「介護は子の仕事」と思い込むことの危険性

介護を行いながら仕事にも従事している人口は、2013年時点で290万人といわれています(2013年、就業構造基本調査)。そして、介護に負担がかかり仕事を辞めざるを得なくなる「介護離職者」は、年間約10万人に達するといわれています。このような状況に追い込まれないために、どうしたらいいのでしょうか。

家族しかできない手続きもありますので、最低限の休みを取ることは必須でしょう。ただ、それ以外のことは、他人に「任せる」という選択をすることもとても重要な決断なのです。

「育ててきてもらったんだから自分がやらなければ」「介護は子どもの仕事だ」など、「○○すべき」という気持ちが強くあると、人に任せることにどうしても抵抗感が出てしまいます。しかし、以上に述べてきたケースのように、一人で抱え込んで本人が潰れてしまうケースは、決して珍しくないと覚えておいてください。

会社を辞めるよりベターな選択肢がある

少し探してみると、介護に関連したいろいろなサービスがあります。公共のサービスを使えるに越したことはありませんが、最近は民間のサービス会社も増えています。私も、そんなサービス会社から取材を受けることが最近多くなりました。

内容は実にさまざま。家事や病院の付き添い、見守りサービスをはじめ、話し相手になってくれるサービスを展開するところもあります。そういうものを臨機応変に組み合わせてみれば、自らの心身の負担を減らすことができるでしょう。

確かに民間のサービスは、公共に比べて費用が割高です。でも、生涯賃金と比較したらどうでしょうか。今の職を失い、再就職もままならない不安を抱えるより、可能な範囲で、サービスを受けることを選択肢に加えてください。

そして同時に、心のブロック(「親不孝だ」という思い込み)を外していくこと。親は大切ですが、自分の現在や将来を犠牲にしてまで介護されることに関して、多くの親は、本質的には喜ばないはずです。核家族化し、一人っ子も増えている今、心身ともに抱え込まない介護が必要です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング