親が元気なうちに聞きたい!「終活のホンネ」

「ライフメモ」があれば親子ともに納得がいく

周りに迷惑をかけたくないと思ったときが、「生前整理」を始める最大のチャンス(撮影:今井 康一)
20××年。高齢になった波平が急死し、遺品整理をすることになった磯野家。遺されたフネが前向きに生きていくために、カツオなど子ども世代には何ができるのか。家族の先々を見据えたとき、どんな視点で何をすべきなのか。
カツオが磯野家を片づける日』(SB新書)を書いた実家片づけアドバイザーの渡部亜矢さんが、前回前々回記事に続き、家族が今やるべきことについて紹介します(本連載は原作の世界観とは異なります)。

子世代の争いを減らす遺品整理のやり方

東京都世田谷区、閑静な住宅街にある磯野家は、あれから30年もの歳月が流れ、もはやみなさんがご存じの磯野家ではなくなり、ゴミ屋敷と化していました。

子どもたちが巣立つ一方、きれい好きのフネも80歳と高齢になり、だんだんと掃除が行き届かなくなっていたのです。そんな中、波平(84歳)が事故で急死。自分の家庭のことで手一杯のサザエ(54歳)やワカメ(39歳)などにかわって、独身のカツオ(41歳)が実家の片づけをする羽目に。実家片づけアドバイザー、早川さんの助けを借りて、なんとかきれいになりました。

すっきりした茶の間ではちゃぶ台を囲んで、フネ、サザエ、カツオ、ワカメがホッとひと息ついています。

カツオ:「いろいろ大変だったけど、頑張って片づけてよかったよ」

サザエ:「でも、父さんは生前整理をしないで亡くなったから、お金の片づけや遺品整理が残っているわ」

ワカメ:「なんとかしなければね」

みんなの話を黙って聞いていたフネが、突然きりりとした表情になりました。

フネ:「私が逝くときは、父さんみたいに迷惑をかけたくないね」

カツオ:「……」

次ページせめて緊急時のためのリストを
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT