掃除機のダイソン、なぜドライヤーを開発?

「スーパーソニック」にかける熱い思い

ときどき熱を当てすぎて、髪が焦げてしまうことを除けば、たいていの人は従来型のドライヤーに満足してきた。だが、かつてイッセイミヤケのコレクションでダイソンとコラボレートしたファッションデザイナーの藤原大は言う。「日常生活があまりにも普通になっているから、多くの人は、そこに問題があることに気がつかない」。

掃除機やドライヤーがステータスシンボルに

英マルムスベリーにあるダイソンの本社

2006年にナイトの称号を得たダイソンは、家電界のスティーブ・ジョブズと言っていいだろう。彼はありふれた家電を、美しくクールな商品に変身させることで、莫大な富を築いてきた。ダイソンの手にかかれば、コードレスで紙パックのいらない掃除機や空気洗浄機、羽根のない扇風機は、消費者が欲しくてたまらない高級品になる。

「ダイソンの発明は破壊的だ。しかも美しい」と、英国人デザイナーのテレンス・コンランは言う。「紙パックのいらない掃除機が、誰もが欲しがるステータスシンボルになるなんて誰が思っただろう。ダイソンのおかげで、多くの企業がデザインやイノベーションについて、今までと違う考え方をするようになった」。

ダイソンによると、スーパーソニックの開発チームが取り組んだ最大の問題は、騒音、重量、スピードの3つ。これをクリアするために、103人のエンジニアが参加して、計1625キロメートルの髪を乾かし、7000回の音響試験が行われた。

その本拠地になったのは、英コッツウォルド地方のウィルトシャーという町にある、ダイソンの研究開発施設だ。映画『チャーリーとチョコレート工場』に出てくるような、なだらかな丘に広大なガラス張りの建物が立ち、駐車場にはハリアー戦闘機や、真っ二つに切断したクラシックミニが飾られている。

スーパーソニック開発プロジェクトは、社外だけでなく社内でも部外者以外には極秘にされた。「今までで一番難しいプロジェクトだった」と、デザインマネジャーを務めたエド・シェルトンは振り返る。「まず毛髪の科学を理解しなければいけなかった。それにユーザーがドライヤーに対して持つ印象は、極めて主観的なものだ」。

次ページドライヤー市場では最高水準の価格
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT