掃除機のダイソン、なぜドライヤーを開発?

「スーパーソニック」にかける熱い思い

ダイソンが開発したヘアドライヤー「ダイソン・スーパーソニック」は、日本では税込み4万8600円で販売される予定だ

この市場には60年以上イノベーションがなかった――。そう語るのは英国人のジェームズ・ダイソン(68)。紙パックが不要で、吸引力が落ちない掃除機で一世を風靡した、ダイソン社の創業者だ。

まったく新しいヘアドライヤー

そのダイソン社が4月末、まったく新しいヘアドライヤーを発表した。「信じられないくらいたくさんの人たちが、毎日この奇妙で、恐ろしく非効率的な機械を使って時間を無駄にし、髪を傷めている」とダイソンは言う。「これを何とかしないといけない。いや、何とかできるはずだと思ったんだ」。

英ダイソン創業者のジェームス・ダイソン氏は、製品発表会に向けて自らの髪を約50年振りに伸ばしたという

スニーカーを履き、コバルトブルーのメガネをかけたダイソンは、元来エンジニアで、プロダクトデザイナーでもある。「4年で100件の特許発明を生み、600個のプロトタイプを作った結果、ようやくその答えを見つけた気がする」。ダイソンはそう語ると、「ダイソン・スーパーソニック」を誇らしげに手に取った。

横から見ると、とんかちのような形をしたそのドライヤーは、ヘッド部分がドーナツのように筒状になっている。ピンクと黒の色のコントラストが鮮やかだ。それは多くの人が考えたこともない問題、すなわち「もっといいヘアドライヤーは作れないのか」という問いに、ダイソンが出した答えだ。

次ページありふれた家電をもっと美しくクールに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT