掃除機のダイソン、なぜドライヤーを開発?

「スーパーソニック」にかける熱い思い

ダイソンが開発したヘアドライヤー「ダイソン・スーパーソニック」は、日本では税込み4万8600円で販売される予定だ

この市場には60年以上イノベーションがなかった――。そう語るのは英国人のジェームズ・ダイソン(68)。紙パックが不要で、吸引力が落ちない掃除機で一世を風靡した、ダイソン社の創業者だ。

まったく新しいヘアドライヤー

そのダイソン社が4月末、まったく新しいヘアドライヤーを発表した。「信じられないくらいたくさんの人たちが、毎日この奇妙で、恐ろしく非効率的な機械を使って時間を無駄にし、髪を傷めている」とダイソンは言う。「これを何とかしないといけない。いや、何とかできるはずだと思ったんだ」。

英ダイソン創業者のジェームス・ダイソン氏は、製品発表会に向けて自らの髪を約50年振りに伸ばしたという

スニーカーを履き、コバルトブルーのメガネをかけたダイソンは、元来エンジニアで、プロダクトデザイナーでもある。「4年で100件の特許発明を生み、600個のプロトタイプを作った結果、ようやくその答えを見つけた気がする」。ダイソンはそう語ると、「ダイソン・スーパーソニック」を誇らしげに手に取った。

横から見ると、とんかちのような形をしたそのドライヤーは、ヘッド部分がドーナツのように筒状になっている。ピンクと黒の色のコントラストが鮮やかだ。それは多くの人が考えたこともない問題、すなわち「もっといいヘアドライヤーは作れないのか」という問いに、ダイソンが出した答えだ。

次ページありふれた家電をもっと美しくクールに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT