アコーディアと経営統合の機は熟した

PGM社長のTOB会見詳報

通常のM&Aだと、同業でも企業のDNAが違いすぎるのが難点になる。各社とも創業以来、脈々と続く企業文化があり、M&Aを難しくしている。が、アコーディアとPGMは生まれたタイミングが一緒、ビジネスモデルも一緒で、違うのは(設立当初の)株主がゴールドマン・サックスかローンスターか、だけだった。ところが、株主からゴールドマンもローンスターもいなくなった。ならば、くっついたほうがよい。ほかの業界に比べて今回の統合はめちゃくちゃハードルが低い。私はそう信じて疑わない。

親会社・平和からも融資受ける

買い付け資金については自己資金と、親会社・平和からの融資でまかなう。エクイティファイナンスはしないため、PGM株の希薄化は起こらない。平和グループ全体で見ても、アコーディア株を50.10%買い付けて連結化した場合、PGMも平和も財務の健全性を維持できるストラクチャーになっている。無理な買収ではない。

アコーディアもPGMもキャッシュフローはある。あとはそれを銀行への返済に回すのか、M&Aするか、株主還元するのか、の3つしかない。株主に対して成長していくという約束をする代わりに、余剰資金はM&Aに使わせてくれというのが、これまでのアコーディアとPGMの方針だった。

だが、もうそろそろ、一気に統合して、1つひとつゴルフ場をM&Aしていくことはやめて、既存コースを磨くことに専念し、配当で還元することにしたほうが株主も喜ぶのではないか。私としては今回のTOBで、そういったことをアコーディアの株主にも問うていきたい。

(撮影:今井 康一)

 


 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT