中国ではTwitterさえも世論操作のツール

ネットから見える反日デモの実態

デモというのは、どうしても少数の人間の過激な行動のみがメディアやネットで取り上げられがちです。本当は何が起きているのか、全体像を把握して多面的に理解しないと、しなくてもいい損をしたり、解決が遅れてしまったりします。 

そこで日本の皆さんに中国にいる私たちがネットでとらえた反日デモの実態をお伝えします。

「日本のバカ野郎」が「理性に訴えよう」へ

今回の騒動で私たちが感じたことは大きく2つあります。

1つ目は「中国のメディアはまだまだコントロールされている」ということ。2つ目は「本当に心底、日本を憎いと思っている人は少数派だ」ということです。

本来、ネットというのは非常に自由なメディアです。今回のような騒動が起きると、いろいろな感情を持っている人たちがそれぞれ言いたいことを言い合い、やがてなだらかに収束していくものです。

しかし、右下のグラフをご覧ください。

これはネット上でどんな意見が投稿されているかを私が独自に調べて、時系列に整理したものです。

「抵制日貨」は「日本のモノを買うな」という意味。「俊逼日本」は「日本のバカ野郎」「ファック日本」といった罵り言葉。「理性愛国」は「国を愛するのは大事だが、暴力やデモに訴えるのではなく、理性に訴えよう」という穏健派の言葉です。日ごとに見ていくと、9月18日を境にガラッと風向きが変わっていることがわかります。

では9月18日に何があったのでしょうか?

次ページ反日デモに困る共産党幹部
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。