"違憲PTA"はこの「一押し」で劇的に変わった

子供会「脱会したい」の声から始まった大改革

うちの子供会のメリットは、考えてみると以下の3つになった。

1. 登校時の通学班は、子供会が編成・運営している。子供会に加入すれば、通学班で登校できる。加入しない場合は、毎日保護者が付き添って登校することになる。学校側で、子供1人での登校を禁じているからだ。

2. 地域のお祭りなど、子供会が主催または協力するイベントに参加できる。地元のお祭りはかなり広範囲で行われるため、地域の子供達で知らない子はいない。もちろんただのお客として見に行くこともできるが、お祭りそのものには子供会経由でなければ参加できない。参加すればお菓子やジュース、スイカなどが大量に振る舞われる。

3. 子供会活動時に子供が怪我した場合には、全国子供会連合会で加入している共済金を支払う。要するに保険をかけているわけである。これはほとんどの子供会がやっているはずだ。

1つ目のメリットは毎日毎朝のことなので、かなり大きい。実際にこれまで子供会に加入しないという人がいなかったため、当たり前のように機能していたのだが、前出のように実際に脱会者が出て初めて、メリットが明らかになったのである。

このメリットのアピールが功を奏したのか、入会しないのは前出の1名だけで、後は無事、3月頭には全員の申込書が揃った。

中学校のPTA説明会で、空気を読まずに質問!

このような経緯を踏まえて、3月半ばの中学校の入学準備説明会に出席した。学校についての説明の後、現職PTA会長からPTA活動と委員選出についての説明がなされた。最後に質疑応答の時間があったので、PTAへの入会申込書がないのはなぜか、と質問した。普通は黙って大人しくやり過ごすものだろうが、こういう時に空気を読まないのが筆者の業なのである。

PTA会長の回答は、そういう意見があることは県PTAでも議題に出ており承知しているが、すぐに対応できる問題ではないというものであった。

そこで、任意団体に強制加入させるのは憲法第21条に規定された結社の自由に違反すると思われるが、中学校ともなれば、義務教育として子供達に憲法の重要性を説くこともあるだろう。教員も加入するPTAが違憲団体であるのは問題である、と意見を述べ、着席した。

次ページそこから一気に舵を切った中学校PTA
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT