アンダーアーマーのデジタル戦略にひそむ野心

「ナイキは手強いが我々の方にかなり分がある」

統合というアイデアは、目新しいものではない。来る6月に登場する予定のNike+アプリは、同じようなモデルを採用している。Nike+は、3つの既存Nike+アプリ、すなわちナイキランニングクラブ、ナイキトレーニングクラブ、ナイキSNKRSを統合したものだ。

アンダーアーマーはナイキの新製品に脅威を感じてはいない。サーストン氏によると、アンダーアーマーのフィットネス製品は、ショッピング体験ではなく、フィットネスそのものに重きを置いているからだ。ジム内外での運動、アクティビティトラッキング、食生活などに関する情報とツールを提供している。

もっとも重要なのは、アンダーアーマーでは、ユーザーのデータを使用して「パーソナルコーチ」体験ができる点だ。たとえば、ユーザーのアクティビティがストレスを示し、通常のレベルよりも心拍数が20%上昇していて危険の可能性がある場合、アンダーアーマーのヘルスボックスはユーザーに対して運動量を減らす、あるいは中止を促すという。

「これはナイキの戦略とはまったく違うものだ。我々の戦略は、マーケティング中心ではなく、製品中心の取り組みだ」と、サーストン氏。「ナイキは手強い競合ではあるが、現在、コネクテッドフィットネスに関しては我々の方に、かなり分があると思う」。

アップル、フィットビットも「競合」

ヘルスボックスのようなデジタルフィットネス製品は、成長を続けるウエアラブル市場において、ナイキのほかにも、フィットビットやAppleも直接的な競合となる。リサーチ会社のパークアソシエイツによると、デジタルフィットネス市場は、2014年の20億ドル(約2150億円)から、2019年には54億ドル(約5840億円)へと成長する見込みだという。

「米国でフィットビットが大成功を収めたので、2015年度末の数字には急激な成長が見られると予想している。この先2年くらいは、フィットネストラッカーを中心にモバイルヘルスの成長傾向が続くと思われる」と、パークスアソシエイツのヘルス&モバイル製品ディレクターであるハリー・ワン氏は述べている。

2015年の時点で、フィットビットのアクティブユーザーはおよそ950万人。アンダーアーマーのアクティブユーザーは7700万(登録ユーザーはおよそ1億6000万)人だ。「フィットビットのユーザー規模は、まだ我々の足元にも及ばない」と、サーストン氏。「フィットビットやアップルが直接的な競合だとは考えていない。彼らとはパートナー関係を結んでいる」。

フィットネスセンサー技術をメインの製品に統合するスポーツアパレルメーカーは増えてきている。2018年初頭までには、現在のスマートシューズやスマートシャツよりも進化し、手頃な価格の製品が登場するだろうと、ワン氏は述べている。

デジタル広告、デジタルフィットネスプラットフォームのライセンスとサブスクリプションで構成されるアンダーアーマーのコネクテッドフィットネス事業は、まだ大きな収益をもたらすには至っていない。2015年のアンダーアーマー年次報告によると、デジタルフィットネス事業は、アンダーアーマーの合計収益およそ39億ドル(約4220億円)の1.3%となっている。

Yuyu Chen(原文 / 訳 片岡直子)

DIGIDAYの関連記事
アディダスを打ち砕いた新興ブランド「アンダーアーマー」:その雑草魂の成長戦略とは?
ナイキ、YouTube動画で女性ユーザーを囲い込み。2桁成長を遂げるレディース需要を受けて
アディダスに学ぶ、LGBTトピックのマネジメント術:いいね!の割合ではナイキを打倒

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT