イスラム教徒初のロンドン市長誕生へ

労働党のサディク・カーン氏(45歳)が当確

 5月6日、ロンドン市長選で労働党のサディク・カーン氏(写真)が当選確実となった。ロンドンで昨年11月撮影(2016年 ロイター/Stefan Wermuth/Files)

[ロンドン 6日 ロイター] - 5日に実施されたロンドン市長選挙で、労働党のサディク・カーン氏(45)が当選確実となったことが6日、判明した。

カーン氏は移民の息子で、元人権派弁護士。保守党ザック・ゴールドスミス氏(41)との事実上の一騎打ちに勝ち、初のイスラム教徒のロンドン市長が誕生する。

カーン氏は正式な当選の通知をまだ受け取っていないが、開票結果に詳しい関係筋は同氏の当確は覆されないとしている。

ロンドン市長を8年務めた現市長のボリス・ジョンソン氏は、キャメロン首相の後任として次期保守党党首を目指すと見られている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT