男性上司の皆さん、こんな経験ありませんか?

女性部下のパワーを引き出す3つのテクニック

その3 時には弱みを見せて、母性本能に訴えかける

女性には特有の「母性」が備わっています。

「今は大変な状況だ。だからこそ君にお願いがあるんだ」と言われると、女性の母性本能は「私がやらなきゃ」という責任感が引っ張り出されてしまうのです。実際、女性が多く活躍している職場の管理職は、その引き出し方が上手です。

男性は、女性部下にとって「365日男気のある、完璧な上司でなければ」と思う方が多いようなのですが、「男」を見せるのは「ここぞ」というときだけで良いかもしれません。

それよりも「君がいてくれないと困るんだよ」と、ちょっとだけ弱さを時には吐露した方が、「しょうがないな」「私がやらなきゃダメだな」と強烈な責任感が生まれる可能性が大きいのです。

女性の「私がやらなきゃ」という自燃パワーはチームにとって無敵な武器と化すのです。消費者感覚に根差した新しい価値を生み出し、それがチーム全体の活性化を促して、そのようなチームは最終的に勝つと私は信じています。

今日は「女性部下の力を引き出す方法」について大きく分けて3つのポイントを説明してきましたが、基本的には男性部下の育て方と女性部下の育て方は同じです。ただ、女性特有の性質が存在する以上、その特質を生かした育て方、マネジメントを進めればチームは必ず強くなるのです。

これからこのコラムでは、「チーム力の最大化」に向けて、女性をもっとよく知り、戦力として育てていくための方法を紹介していきたいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT