女性の労働参加促進で成長率は上がる

IMFエコノミストの提言

日本の生産年齢人口(15歳から64歳)は、1995年の約8700万人をピークとして、2050年には約5500万人まで減少する見通しだ(図1)。これは、1950年代とほぼ同じ規模に相当する。韓国や中国でも、近いうちに、生産年齢人口の減少が見込まれているが、日本のピークアウトが一番早かった。

 

 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。