「白馬に乗る」タイプと「白馬を待つ」タイプ あなたの女性部下の見分け方

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

今、働く女性の志向が二極化しています。

まずは「白馬に乗る」タイプで、これからもずっと働き続けたい派。結婚、出産、そして育児と「両立した働き方」がもはや女性の憧れ像になるほど、自立しながら自分自身も成長していきたい女性たちのことで、男性や周囲に養ってもらおうという願望はなく、白馬の王子様を待つくらいなら“自分で白馬に乗ってしまえ!”というタイプです。

そしてもう一方が「白馬を待つ」タイプで、専業主婦願望が比較的強い女性たち。世のワーキングマザーたちが“大変だ”、“生きにくい”と悲観視された話を耳にするたび、「そこまでして両立なんて…」と諦め、「それならば子供のために」とキャリアトラックから抜けて別の道を歩むタイプです。

理想の男性は「三高」から「三平」の時代へ

職場には、2つのタイプの女性部下が混在していることでしょう。どっちが優劣、ということではなく、チームマネジメント上「その人のタイプや資質に合わせた」力の引き出し方が必要です。

ですが、最初からそのタイプを見分けることはできません。なぜなら、両者ともに柄タイツを履き、まつ毛エクステ(またはつけまつ毛)とカラーコンタクトでデカ目をアピールし、指先はラメの入ったジェルネイル。つまり、流行の女性誌から飛び出してきたようなドールフェースで、カワイくて、オシャレ。オフタイムには、恋愛やグルメ話に花を咲かせる、普通の女子たちなのです。

両者とも見た目は変わりません。けれど「仕事に対する価値観」はまるで異なるのです。

まず、そもそもなぜ、志向が二極化してきたのかの背景から見ていきましょう。

たとえば、長引く所得減少時代。『若者の将来設計における「子育てリスク」意識の研究』(山田昌弘著 総括研究報告書)によると、東京で25歳から35歳の独身男性で、600万円以上稼いでいる人は3.5%、400万円以上まで広げても23.0%で、最多は200万~400万円で43.2%だというのです。

だからこそ、今や結婚相手にバブル期の「三高」(高収入、高身長、高学歴)を期待することもできず、「平均」「平凡」「平穏」いわゆる「三平」を望む傾向があることからも、女性は結婚相手にそれほど高望みをしない時代になってきました。

だったら、と女性たちは立ち上がり、時には旦那さんや彼氏の収入を超えた働きをしながら、「キャリアも、家庭も、プライベートも欲張りに生きたい!」と意欲旺盛に進んでいく。まさに、「白馬の王子様なんかいないから、自分で白馬を操縦しちゃおう!」と闊歩していくのです。

次ページ女性部下を見分ける5つの言葉とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT