「白馬に乗る」タイプと「白馬を待つ」タイプ

あなたの女性部下の見分け方

5.社外ネットワークづくりの積極さが違う

役職や職業に関わらず、これからもキャリアアップしたい願望のある女性は、積極的に社外の交流会やセミナーに参加します。自ら白馬に乗って、視野・可能性を広げ、キャリアアップへの栄養分を補給していく。一方で白馬を待ち、守っていくのが好きな女性は、社外ネットワークでも、交友関係は学生時代の知人を中心に大切にしていくのかもしれません。

2つのタイプに明確に仕分けするのが難しいタイプもいるでしょう。けれども女性部下のタイプを少しでも見分けることができれば、「この部下には、こんな仕事もお願いしていいのかな?」「この部下にはこんな大役も任せられるかな?」と、対応方法もおのずとわかってくるものです。

いずれにせよ1つだけ言えることは、結局、どちらのタイプであっても、「もっと上司からも一歩踏み込んでほしい」と思っている女性部下は多いということです。

「課長は私にいまだに敬語で話してくるんです」(金融企業・26歳女子)。

「周りの男性部下にはみんな呼び捨てなのに、私だけ〇〇さん、とさん付けで呼ばれて疎外感を感じてしまう」(食品企業・28歳女子)。

女性部下を腫れ物に触るような特別扱いはしないでほしい、というのが現状なのです。だから、決してビビらずに、もっと「こんなことがあってさ~」とざっくばらんに自己開示しながら、一歩近づいてもらっていいと思います。

さらに、これは声を大にして言いたいことですが、「軸のある上司に、女性部下は絶対についてくる!」ということ。

「まったくうちの課長は…」と思われていても、それでもその上司に「ブレのない軸」があれば、普段どんなに勝気な女性であっても「この人のために尽くしていきたい」という女性本能が覚醒してしまうものなのです。

つまり、「この上司を男にさせてあげたい!」と動いてしまうのです。

このコラムをお読みになって「もう遅いかも?」と思っている男性上司の方もいるかもしれませんが、決して遅くはありません。すぐにでも女性部下と話し合ってみてください。

今後も、働く女性の現場で何が起こっているのか、女子会ではどんなぶっちゃけトークが繰り広げられているのか、など男性上司の「わからない」を少しでも解決できるヒントを公開していきます。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。