「炭酸飲料が歯を溶かす」という通説は本当か

その酸性がどれだけ強いのかに目を配れ

カロリーゼロとして売られている炭酸飲料も、「砂糖が入っていないから虫歯にならないだろう」と思われがちですが、クエン酸が入っていたり、人工甘味料も酸性であったりすることから、歯を溶かす作用があることは知っておく必要があります。

歯を溶かさないように炭酸水を楽しむためには

炭酸水を飲むに当たって次のことを注意してみると良いでしょう。

1.成分表示をよく見る

砂糖が入っているものはもちろんですが、人工甘味料が入っているものは時々飲む程度にとどめておきましょう。

2.口の中にためない

炭酸水の飲み方によっても歯の溶け方が変わってきます。たとえば口に入れてしばらく溜めて飲むのと、そのまま溜めずに飲み込むのと、ストローで飲むのとでは随分違ってきます。口に溜めて炭酸の感覚を楽しみながら飲む人がいますが、これは歯にとっては非常にダメージが加わる飲み方です。いちばん良いのはストローで飲む方法で、歯に触れるのを極力避けることができます。

3.フレーバーのものは極力避ける

レモン風味、ライム風味など柑橘系のフレーバーのものは特に酸が強いため、砂糖が入っていないとはいっても歯が溶ける可能性があります。しょっちゅう飲むのは控えたほうが良いでしょう。

4.しょっちゅう飲まない

ダイエットや美容のために水は多く飲むことが勧められますが、炭酸水をちょくちょく飲むと、唾液が口の中を中性に戻すのに間に合わず、つねに口の中が酸性に傾いて歯が溶けてしまう可能性が高まります。

5.寝る前に飲むのは避ける

炭酸水を飲んで寝るのは、たとえそれが無味のものであってもお勧めできません。寝ている間は唾液が減りますので、唾液が口の中を中性に戻す効果が期待できません。そのため歯が溶けるリスクが高まります。

6.飲んだらなるべくうがい、水を飲む

炭酸のものを口にしたら、なるべくすぐにうがいをするか、水やお茶を飲んでお口の中を中性に戻すようにすると良いでしょう。

砂糖の入った炭酸飲料や清涼飲料水を飲む代わりに無味の炭酸水を飲む、というのは体のためにもお勧めしたいところです。しかし、無味の炭酸水ばかり飲む、というのは歯が溶けてしまう可能性がある、ということは理解しておいたほうが良いでしょう。一番確実なのは炭酸の入っていない普通の水を飲むのが一番安心だということです。もしもどうしても飲みたい場合には、時間をあけて時々飲む程度にしておくのが良いでしょう。

関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。