「炭酸飲料が歯を溶かす」という通説は本当か

その酸性がどれだけ強いのかに目を配れ

それに対し、味のついていない炭酸水は自然界からも湧き上がっており、売られています。また、人工的に作られた無味の炭酸水も多く売られています。このような炭酸水は便秘や美容にも良いということで、最近人気が高まっていますが、ただの水に空気が入っているだけかというと実はそうではなく、炭酸が入っていることで性質が酸性になっています。

歯が溶け始めるPHは5.5

炭酸の入っていない普通の水は中性で、酸性かアルカリ性かを示す指標であるPH(水素イオン濃度)でいうと7程度です。PHは7より低いと酸性、高いとアルカリ性ということになります。歯は口の中の酸性度が強くなると溶け出します。その基準は、PH5.5以下(臨界PHといいます)とされています。

無味の炭酸水のPHはメーカーにもよりますが、ほとんどがPH5.5以下です。ただし、お口は酸性に傾いても、唾液の作用によって中性に戻す働きがありますので、時々飲む分にはほとんど影響はないといっていいでしょう。しかし、口にする頻度が多かったり、唾液の減る就寝前に飲む習慣があったりすると歯は少しずつ溶かされてしまう可能性があります。

無味の炭酸水は水と炭酸ガスだけでできているかというとそうでない場合も多くあります。香り付けがされている炭酸水はもちろんですが、無味の場合でも添加物が入っていることがあります。

このなかでも気をつけたいのが、香り付けのされているフレーバー付きの炭酸水です。フレーバー付きの炭酸水はオレンジジュースほどの酸性度であるという報告があります。オレンジジュースのPHは3.5~4.0位ですから、かなりの酸性度であると言えます。フレーバー付き炭酸水の中でもレモンやライム、グレープフルーツのような柑橘系のものが特に酸性度が高いのですが、これは添加されているクエン酸の影響です。

次ページ飲む際に注意したいこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。