家が見違える!絶対捨てるべき「3つのモノ」

超人気片づけアドバイザーが断言

次に手放してもいいのが、取扱説明書(取説)です。かくいう私は取説が大好きなのですが、何十ページにわたる取説をいくつも持っているのは、スペースの無駄使いだと思うようになって処分してしまいました。

「取説」は、スマホでスキャンしよう

必要なページだけスキャンしておく

解決方法は簡単です。お手持ちのスマートフォンで、必要なページだけパシャリ。スキャナーアプリを使えば、複数の画像をひとつにまとめることができますし、スマートフォンの中も整理しておくことができるのでオススメしています。

 どこのページを撮影していいいかわからない、大量のページを撮影するほうが大変だという方もご安心ください。いまはネットに取説があるので、検索すれば見つけることができます。

個人のモノは1ヵ所にまとめる

片づけレッスンに行くと、旦那さまの靴下や下着が大量に……なんてことも。残業時に会社やビジネスホテルに泊まってコンビニで新調し、いつの間にやら靴下や下着が増えてしまうようです。同時に、コンビニの靴下や下着は、気に入って買ったわけじゃないからあんまり履いていない……という話もよく耳にします。

オススメしたいのが、モノの数量をあらかじめ決める「定数管理」なんです。靴下も、下着も、ズバリ「5枚」! ダメになったら1足手放して、1足買い足す。これで、安いからと買い置きすることもなくなるので、経済的です。同様に、ハンカチも一人5枚で定数管理できちゃいます。

 このようにしてクローゼットのモノが少なくなってくれば、どんどん手放すことに慣れていくので、キッチン、洗面所、玄関、そしてリビングと順にモノを手放していき、やがては家一軒を片づけ切ることもできるはずです!

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT