家が見違える!絶対捨てるべき「3つのモノ」

超人気片づけアドバイザーが断言

すべてのモノを押し入れやクローゼット、棚などにしまい、それらのスペースに7割でおさめるのが適正量。ここまで減らさないと、収納グッズに何を入れるか把握できません。とはいえ、モノを手放すことが、片づけでいちばん高いハードルなのも事実です。

モノを手放し、家を片づけるには、重要なポイントがあります。それは、片づける順番です。

では、どこから始めればいいのか? この質問をすると、ほとんどの方が「リビング」と答えます。私のレッスンでは、「まずクローゼットから」とお伝えしています。クローゼットは、手放しやすいモノばかりなので、「片づけるスイッチ」を入れやすいのです。

そこで、クローゼットにある絶対に捨ててもいい3つのモノをご紹介。どなたでも簡単にできるので、片づけの第一歩になるはずです。

空き箱は捨ててOK。必要ものは2種類だけ

使う場所で収納するのもポイント

男性の方に多いのが、空き箱が大量にクローゼットに眠っているパターン。スマートフォンやノートパソコン、ゲーム機、スニーカー……。パズルのようにクローゼットに入っているのは、よく見る光景です。でも、考えてみてください。空き箱に貴重なスペースを使って、家賃の一部になっているなんてもったいないと思いませんか? 例えば、スマートフォン。一度箱から出したら、もうしまうことはありませんよね? 

上の画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

扇風機とカセットコンロ以外の空き箱は、とっておいても使うことがないので捨てて大丈夫なんです。扇風機とカセットコンロだけは、空き箱がないと収納しにくいので必要ですが、そのほかの空き箱は、思い切って粗大ゴミに出してみましょう! 驚くほど部屋がスッキリします。

 コレクションとしてとって箱を置いている方は、無理に捨てる必要はありません。ただ、収納スペースには限りがあります。その分、他のモノを減らす必要がありますので、自分にとって何が必要なモノか、どれが好きなモノか、判断して、手放していただければ部屋がモノであふれることはなくなるはずです。

次ページ「定数管理」で超スッキリ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT