中国で日系企業が悲鳴

デモに続き不買広がる

 まったく先行きが見えない中で、何とか事態を打開するための動きも進んでいる。

最も被害が大きかった平和堂は、湖南省の百貨店3店舗が15日の襲撃ですべて破損。1号店は1階から5階まで全フロアが壊滅的に破壊され、貴金属など商品が次々に略奪された。2号店、3号店も複数のフロアが多大な被害を受けた。

地元で高級百貨店に位置づけられ、暴徒化したデモの標的になりやすかったことが災いした。復旧のメドは立っておらず、数十億円単位での特損が避けられない見通しだが、13年夏を目指している湖南省4号店の開店は予定どおり進めるという。

イオンでも同じく大きな被害を受けた山東省青島市の「ジャスコ黄島店」の営業再開は見えない状態。が、イオンモールは26日に、14年後半に天津、蘇州、広州の3カ所で新たにショッピングセンターを開設する方針を発表。引き続き、中国での出店を続ける姿勢を鮮明にした。

もっとも、ここまで方針が明確な企業は例外的で、大半の企業は今後の展望が開けていない。

電子部品メーカーのミツミ電機は青島の生産設備の一部が放火により焼失。復旧のメドは立っていない。別工場で代替生産するが、生産規模が確保できるかは不明。青島工場は家庭用ゲーム機用の関連部品を手掛けているとみられ、年末商戦への影響を懸念する声も出始めた。

パナソニックやキヤノンなどでは、工場従業員の一部に賃上げを求めるストなど便乗する動きが発生。混乱を鎮静するため、一時的に工場を休止するなど対応に追われた。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT