中国で日系企業が悲鳴

デモに続き不買広がる

危機は繰り返す

この問題は時間が解決してくれるような性質のものではない。一時的に対立関係が緩和されても、盧溝橋事件(7月7日)や柳条湖事件(9月19日)など戦争の記憶がよみがえる夏から秋にかけて、毎年のように同じような事態が繰り返す可能性がある。

これまで日本企業にとって、中国はリスクはあっても十分儲かる市場だった(上棒グラフ)。だが、政治と外交に由来するリスクがここまで大きくなると、企業は中国での中長期の計画を立てることができない。 

  

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT