中国で日系企業が悲鳴

デモに続き不買広がる

中国全土で吹き荒れた反日デモは、9月18日を最後にほとんどの都市で収束した。10月1日に国慶節(建国記念日)を迎える中国は、9月30日からすでに連休入り。中国当局は、休みが明ける10月8日までに国民感情を落ち着かせ、下旬に開催されるとみられる共産党大会への雰囲気作りを進めるもようだ。

だが、日本政府による尖閣諸島の国有化に反対する姿勢はまったく揺るがない。9月26日に行われた日中外相会談も平行線で終わり、解決への糸口が現時点ではまったく見えない。暴力的なデモなど過激な行動は見られなくなっても、日本製品ボイコットの動きは現在進行形だ。

2010年にも尖閣をめぐる対立は過熱し、通関手続きの一部厳格化やレアアースの事実上の禁輸といった対抗措置がなされた。しかし今回は、不買の動きが一般民衆に広がりそうなところが決定的に違う。

日本料理店などが襲撃された土地でも、営業可能な店舗は18日以降は再開しているケースが多い。現状は、日本関連のビジネスが何もできないという状況ではない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT