東芝の新型レグザ、クラウドでテレビの新しい楽しみ方を提案

東芝の新型レグザ、クラウドでテレビの新しい楽しみ方を提案

インターネット上の情報やサービスを必要に応じて使う「クラウドコンピューティング」。東芝がこれを採り入れた液晶テレビを10月下旬に投入する。東芝の液晶テレビブランド「レグザ」シリーズの新製品「Z7シリーズ」「J7シリーズ」の2機種だ。

特徴はレグザ向けに新たに開始するクラウドサービス「タイムオン」との連携。ハードディスクに録りためた番組から見たい場面を瞬時に選び出せる。「本格的クラウドサービスと融合し、まったく新しいテレビの楽しみ方を提案する」というのが、東芝による新モデルの位置づけである。

タイムオンは「映像を核とした新ソーシャルネットワークサービス」と銘打ち、「見どころ」に関する情報を共有することで、友人のおすすめシーンや、ネット上で話題になっているキーワードに関連したシーンなど、ピンポイントでの場面検索を可能にしている。

2013年1月下旬には、関心のあるキーワードを選択するだけで自動的に録画予約する「おまかせ録画」機能などを追加し、サービス内容は今後も順次充実していく予定。クラウドを利用した「タイムオン」の進化に応じて、テレビの内容も進化する仕組みだ。

さらにフラッグシップモデルとなる「Z7シリーズ」では最大6チャンネルの番組を常時録画し一時保存する「タイムシフトマシン」機能を強化。ユーザーの好みに合わせて、おすすみの番組をリストアップしたり、視聴中の番組に関連した録画映像を選び出す機能を追加し、さらに効率よく番組を見られるようにした。「テレビの中にコンシェルジュがいるかのように、見たい番組を見逃すことはない」(東芝)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT