東芝の新型レグザ、クラウドでテレビの新しい楽しみ方を提案

東芝の新型レグザ、クラウドでテレビの新しい楽しみ方を提案

インターネット上の情報やサービスを必要に応じて使う「クラウドコンピューティング」。東芝がこれを採り入れた液晶テレビを10月下旬に投入する。東芝の液晶テレビブランド「レグザ」シリーズの新製品「Z7シリーズ」「J7シリーズ」の2機種だ。

特徴はレグザ向けに新たに開始するクラウドサービス「タイムオン」との連携。ハードディスクに録りためた番組から見たい場面を瞬時に選び出せる。「本格的クラウドサービスと融合し、まったく新しいテレビの楽しみ方を提案する」というのが、東芝による新モデルの位置づけである。

タイムオンは「映像を核とした新ソーシャルネットワークサービス」と銘打ち、「見どころ」に関する情報を共有することで、友人のおすすめシーンや、ネット上で話題になっているキーワードに関連したシーンなど、ピンポイントでの場面検索を可能にしている。

2013年1月下旬には、関心のあるキーワードを選択するだけで自動的に録画予約する「おまかせ録画」機能などを追加し、サービス内容は今後も順次充実していく予定。クラウドを利用した「タイムオン」の進化に応じて、テレビの内容も進化する仕組みだ。

さらにフラッグシップモデルとなる「Z7シリーズ」では最大6チャンネルの番組を常時録画し一時保存する「タイムシフトマシン」機能を強化。ユーザーの好みに合わせて、おすすみの番組をリストアップしたり、視聴中の番組に関連した録画映像を選び出す機能を追加し、さらに効率よく番組を見られるようにした。「テレビの中にコンシェルジュがいるかのように、見たい番組を見逃すことはない」(東芝)。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。