「ファン重視で急成長」の会社はココまでやる

「冷たい視線」をも受け入れる覚悟

なんと、中央が社長の井手直行氏。「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー2015」授賞式にて
爆発的に売り上げを伸ばす、クラフトビール業界最大手の「ヤッホーブルーイング」。毎年約130%成長という快進撃のきっかけは、第1回で書いたように、100人に1人でもいいからリピーター=ファンになってくれる個性的な製品を販売したことだった。
その後、同社は自社製品を広める応援団になってくれるほど熱烈なファンを獲得していった。SNSによる口コミが全盛の時代、同社はいかに、他社がつくりたくてもつくれない熱烈なファン層を獲得したのか。
井手直行社長の新刊『ぷしゅ よなよなエールがお世話になります』の構成を担当した経済ジャーナリストの夏目幸明氏が、同社の秘密に迫る。

ビール屋が、バイクの「ハーレー」になる!

ずっと赤字だったのに、なぜ11期連続増収増益の会社に変われたのか? 37歳からの挑戦で数々の奇跡を起こした挫折と再生のストーリー。読む人によって感動ポイントが変わる十人十色のビジネス書です!

「よなよなエール」で知られるヤッホーブルーイングは、イベント会社かと思うほどさまざまな催しを行っている。

たとえば、よなよなエール公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS」で、ビールを飲みながら社員とファンがクイズ大会などで盛り上がる「宴」。年に1度、北軽井沢のキャンプ場でビールについて学ぶワークショップや心地よい音楽、ビールに合うフードを楽しむ「超宴」。いずれも有料だが、その人気ぶりには驚かされる。ファンはイベントの様子をSNSにアップし、「この場で出会って結婚した方たちもいる」というから、雰囲気のよさが伝わってくる。

ここまで人が集まるのはなぜか。それは、会社という法人が、友人やタレントのような魅力を持っているからだ。井手直行社長が意外な内幕を話す。

「実を言うと、我々が分析したのは『ハーレーダビッドソンジャパン』(米国のオートバイメーカーの日本法人)のマーケティングでした」

次ページユーザーのライフスタイルや考え方を示すアイテムに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT