「ファン重視で急成長」の会社はココまでやる

「冷たい視線」をも受け入れる覚悟

その後、彼らはローソンとの共同開発製品発売の折に、YouTube Liveなどを使って、ファンと一緒に乾杯するイベントを始めた。これがローソン史上最もネットで話題となり、大手ビールメーカーに並ぶ売上につながった。

「つまみ出されたら金一封」

自社や、自社の顧客のキャラクターを設定し、それにあわせ、全社員でコミュニケーションをとっていく。その手法を社員皆で共有する――まさに会社の思考回路を変えることにより生まれた結果だ。「フレンドリーに」といった標語を掲げても達成できるものではない。仮装などは、間違いなく、井手社長が社員向けに行っているパフォーマンスでもあるだろう。

少々思い切った実験にも思える。ファン以外の方の反応はどうだったのか。

「楽天さんからは、最初『予定外の行動は避けていただけると……』と、やんわり釘を刺されました(笑)。でも真意を説明すると協力的になってくださった。今は三木谷社長も、ヤッホーブルーイングの登場前になると『今年は何?』と楽しみにしているらしいですね」

ほかの表彰でも、戸惑われることは多数あるし、一度だけ、汚いものでも見るような目で見られたこともある、とは言う。だが、井手氏は「これでよかったんです」と話す。「無難」という思考回路をあえて拒否し、それにより共感を呼ぶ。こうでもしなければ、小さなメーカーは生き残れない、という確信があるからだ。

それを一番よく理解していたのは、親会社・星野リゾートの星野佳路代表だ。

井手氏には忘れられない思い出がある。星野氏が、グループ全社員に送るメールで、こんな話を書いてきたことがあった。

星野氏が新幹線に乗っていると、着物をまとった、上品な年配の女性と隣り合わせた。ところが、星野氏はふと気付いた。女性の頭に……。
インコが乗っている!
星野氏は「何かの間違いかもしれない」と考え込んだ。でも婦人は変わった様子もなく、本を読んでいる。星野氏はインコが動かないのを見て、「髪飾りなのかもしれない」と思い直した。だが……。インコが動いた!
星野氏はたまらず聞いた。
「なぜ、インコを頭に乗せていらっしゃるのですか?」
すると、ご婦人は上品な笑顔で、こう答えた。
「かわいいでしょ? おりこうなんですよ」

 

答えになっていない!――そして星野氏は「これこそ知的な変わり者だ」と評した。なぜそんなことをするのか気になる。だが、話を聞けばインコへの愛情が行き過ぎてのこととわかる。すると、場合によっては興味が湧く。

「無難」になってはいけない。「無難」な思考回路は、むしろ判断停止に過ぎない……。

「その後、星野は、楽天市場さんのイベントから『つまみ出されたら金一封』と送ってきました。もちろん彼なりの冗談なのですが、これはうれしかった(笑)」

企業の思考回路ごと変えよう、という井手氏と星野氏の思いが伝わってくるエピソードではないか。

(写真提供:ヤッホーブルーイング)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT