ハーレーダビッドソン、「革新モデル」の全容

従来イメージ覆す装いで日本市場にリーチ

自分好みにカスタマイズできることがハーレーの魅力、女性にもコアファンがいる

あのハーレーダビッドソンのバイクが、100万円以内で手に入る――。

二輪車メーカー大手のハーレーダビッドソンが2015年2月末に日本に投入した新型車「ストリート750」は税込みで85万円から。大胆な低価格設定とハーレーらしからぬ排気量は、業界関係者や多くの二輪ユーザーを驚かせた。

国内メーカーと競合へ

ハーレーダビッドソンといえば、大型アメリカンバイクの代名詞。2014年の国内販売台数は1万1408台と輸入二輪車の51%のシェアを占め、2位BMWの4165台を大きく引き離す。1000ccを超えるような大排気量の車種も少なくなく、この「ストリート750」が登場するまでは、最も排気量が小さいものでも883cc、価格も103万円した。

今回投入したモデルは、国内の大型二輪車の主戦場でもある750cc。ホンダやヤマハなどの競合車種とほぼ同じ思い切った価格設定にした。欧州や米国では500ccのモデルも用意する。大排気量モデルを柱とする同社としてはいずれも初めての取り組みだ。

排気量の小さいタイプに触手を伸ばす狙いは、大型二輪免許を取得したばかりの初心者層や34歳以下の若年層の取り込みにある。こだわりのデザインや音、乗り心地の良さに熱狂的なファンが多く、磐石なブランドを築いているハーレーであっても、他の二輪メーカー同様、ユーザーの高齢化が課題となっている。

次ページ開発で重視したこと
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。