ペルー大統領選、1位と2位の決選投票に

フジモリ氏とクチンスキ氏

 4月10日、ペルーで、大統領選の投開票が行われ、3つの出口調査によると、アルベルト・フジモリ元大統領の娘ケイコ・フジモリ氏(写真中央)が首位に立っている。リマで撮影(2016年 ロイター/Mariana Bazo)

[リマ 10日 ロイター] - ペルーで10日投票が実施された大統領選挙は、選挙管理当局の中間集計で、アルベルト・フジモリ元大統領の娘ケイコ・フジモリ氏(40)が得票率38%で1位、次いでクチンスキ元首相(77)となり、両氏の決選投票となる見込みだ。

ペルーの大統領選挙は、得票が過半数に届く候補がいない場合は1位候補と2位候補による決選投票が実施される。決選投票は6月5日に予定されている。

選管ONPEによると、開票率20%時点で、フジモリ氏の得票率が38.04%、クチンスキ氏が25.48%、国会議員ベロニカ・メンドサ氏(35)は16.22%となっている。

決選投票では、フジモリ元大統領のかつての強権政治を批判する有権者がケイコ・フジモリ氏の対立候補に投票する可能性が高い。4月5日には首都でフジモリ氏反対派による数万人規模のデモを行われた。

一方、メンドサ氏は、ペルーの主要産業でありながらも環境破壊を伴う鉱山開発に依存する経済からの脱却を提唱。終盤の世論調査で急速に他候補を追い上げた。

ONPEは、11日に集計作業を終えるとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT