JAL“予想外”の成功で注目、稲盛氏の右腕

森田JAL特別顧問が明かすアメーバ経営の実際

 だが違った。臨時便の運航や減便、機材の小型化、要員配置の変更など現場を中心に機動的に対応してくれた。だから、あのような非常事態があったにもかかわらず、予想を超えて大きな利益を計上することができたのだ。

--JALは政治との関係で振り回されてきた。路線撤退などに当たり政治家等、外部の介入はなかったか。また、今後、再び政治に振り回されることにはならないか。

不採算路線からの撤退は比較的問題はなかった。路線の収支が赤字なうえ、企業として経営破綻したわけだから、皆さん仕方がないと納得したのだと思う。多少のトラブルもあったが大きな障害はなかった。

また、アメーバ経営の導入によって、部門別収支管理の重要性は会社の中に浸透しており、それを徹底し続ければ、今後、昔に戻るようなことはないだろう。とはいえ、JALは一般の企業とは異なり、各方面からの注目度が高い。外部の圧力に左右されず、経営幹部がしっかりと収支を重視して経営し続ける必要がある。

今になって経営に失敗した破綻会社が優遇されている、といった意見もあるが、この仕組みで再建する、というのは、破綻したとき再建するために皆で決めたものだ。あとになっていろいろ言うのはいかがか。そうしたことをするのではなく、各社がそれぞれ経営努力をして競争し、業界を発展させていくのが正しいあり方だと思う。

医療機関へも導入拡大

--最近はアメーバ経営の医療機関への導入が増えている。また、今後、導入に挑戦してみたい分野はあるか。

医療機関向けには「アメーバ」では聞こえが悪いので「京セラ式病院原価管理手法」と呼んでいるが、病院であっても小集団部門別採算管理は有効だ。

医療は医師の指示の下で行われるが、実際には看護師やさまざまな技師などのコメディカル、事務など、医師以外の多くの人々が病院運営にかかわっている。医師だけでなく、こうした部門の人たちに経営への参加意識を持ってもらうことで、病院の業績には、大きな差が出る。 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。