JAL“予想外”の成功で注目、稲盛氏の右腕

森田JAL特別顧問が明かすアメーバ経営の実際

 JALには数字を見る人間がいなかった。予算や運航計画はきっちり作られてはいたが、作ってしまえばあとはそれを実行するのみ。予算は消化型になっており、運航計画は決められたとおりに飛行機を飛ばすことが重要とされていた。

しかし、現実には、市場に合わせて企業活動は変化させなければいけない。そのためにはチェックが必要だ。京セラスタイルの業績報告会を設置し、毎月、細かな勘定科目ごとに予実差を説明してもらった。こうした活動を通して数字の重要性を浸透させ、さらにアメーバ経営の根幹である「小集団部門別採算管理」を実現するために、どのような組織やモノサシを作るか検討していった。

アメーバ経営では、事業部など利益を上げる部門であるプロフィットセンター、人事等の各事業体にサービスするノンプロフィットセンターに区分けする。プロフィットセンターはさらに細かな小集団に分け、それぞれに利益を上げる責任を持たせる。JALの中を見て、比較的早くにどのような組織形態を導入すべきか判断できた。しかしそれを押し付けることはしなかった。組織については、稲盛名誉会長を中心に、役員・幹部が何度も議論を行い決定していった。

アメーバ経営は、従業員が主体的に小集団の経営にかかわり、経営に参画するのが非常に重要なポイントだ。押し付けた組織や仕組みでは従業員は納得しない。従業員の納得がなければアメーバ経営はうまく機能しない。JALの人たちと話し合いながら半年くらいかけて組織設計を行い、10年12月に新体制をスタートさせた。

--具体的にはどのような仕組みを導入したのか。

航空事業では、基本的には、1便ごとに収支を管理するのがポイントだ。プロフィットセンターとしては、旅客航空機を運航する「路線統括本部」と、営業部門、さらに旅客機の荷物スペースを使って貨物を運ぶ部門に分けた。中核となるのは路線統括本部だ。路線統括本部は、国内、国際に分け、それぞれの中をさらに近接路線単位で小集団に分けて、それぞれにグループリーダーを置いた。

収支の可視化で協力が進む

アメーバ経営では、コストを可視化するために社内取引単価を決めている。「パイロット費用」「キャビンアテンダント費用」「空港費用」などの単価を細かく決め、これを基に1便ごとに収支をはじき出せるようにした。それまでは路線単位の収支が2カ月後にようやくわかる仕組みだったが、1便単位で翌日には収支がわかるようにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT