ビックカメラとユニクロ、融合店が担う広告塔の役割

すでに新宿駅周辺にユニクロは7店舗を構えている。今回の出店は、ほど近い新宿三丁目店の移転ではあるが、自社競合を懸念する声も出ている。ただ、「新宿(エリアで買い物する消費者)の購買力に対して、現状では店舗が足りていない」と柳井社長はこれを一蹴。さらに国内最大のターミナル駅での大型店出店で情報発信力を高め、国内ユニクロの底上げを目指す。

ユニクロにとって、最大級店舗となる「ビックロ」の広告塔としての期待は大きい。今後、繁華街店舗の大型化構想は、渋谷や原宿などでも検討中。「ビックロ」はその試金石になりそうだ。

(鈴木 良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。