アイアンの音を酒のつまみにしたいくらいだ

「チーム松山」しか語れない松山英樹論<前編>

言うまでもなく「根に持たれている」は松山と藤本氏が親しい間柄ゆえのジョークだ。たとえ遠くからであっても、無名のアマチュア時代から自分を眺め続けてくれている藤本氏に対し、松山は少なからずリスペクトの念を持っていることが垣間見える。

藤本氏がしみじみと、こんな秘話を明かしてくれた。

ギア担当として松山の秀逸性を語るダンロップスポーツの藤本哲朗氏

「私が松山プロと一緒にいていちばん好きな時間は、日暮れどきの静かな練習場で彼がアイアンで球を打つ音を聞いているときです。とりわけ、ロングアイアンの乾いた音が心地いい。打席の後ろの地面に腰を下ろし、以前なら3番アイアン、今なら4番アイアンで打つ姿を真後ろから眺め、あの打球音を聞きながら、彼方へ力強く飛んでいくボールを眺める時間が最高なんです。

『これをつまみに、お酒が飲みたいぐらいだ』って松山プロに言ったら、そのときは笑われました。でも、その後は、練習場でロングアイアンを持つたびに私がわくわくしているのを感じるのか、『哲朗さん、ロングアイアンの音、ホントに好きっすよね』って言ってくれました」

球をとらえる音は技術やパワーの表われだと藤本氏は言う。その音に松山の秀逸性を感じ取る藤本氏のギア担当者としての感性。松山は、そこにリスペクトを払っているからこそ、藤本氏の“好み”を言い当て、うれしそうに笑ったのだろう。

ヒデキのメディア対応、英語は上達している

松山の現地マネージャー兼通訳を務めているのはボブ・ターナー氏。かつて早稲田大学に留学し、体育会ゴルフ部に所属していたターナー氏は、ゴルフがわかり、日本語が堪能な米国人ということで、これまで尾崎直道をはじめ数多くの日本人選手を米国で世話してきた。息子のアラン・ターナー氏は現在、メジャーリーグでイチローをサポートしており、スケジュールによっては息子のアランが松山をサポートすることもあるのだが、松山のメイン担当はあくまでも父親のほうのターナー氏だ。

「私が初めてヒデキを見たのは、彼がローアマを獲った2011年のマスターズでした。でも当時は彼のことをよく知らなかった。背が高い大学生だなあと思ったことはよく覚えています。私が正式にマネージャー兼通訳になったのは彼が米ツアー出場権を獲った年からです」

それから3年が経とうとしている今、ターナー氏から見て松山が一番成長したと思えるのはどこかと尋ねたら、「メディアへの対応」とターナー氏は即答した。

「そもそも彼はゴルフクラブとトーク(talk)しながら成長してきたようなものだし、とてもシャイだから、最初のころはメディアの質問に短い一言で答えるのがやっとでした。でも今は、成績にかかわらず、毎日きちんと対応できるようになった。その成長ぶりは、すごいですよね」

次ページ英語はルール委員とやりとりできるレベルに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT