決着つかず延長へ ヤクルト買収攻防戦

交渉は二転三転

「虫がいい」ヤクルト

そもそもヤクルトはなぜここまでダノンを毛嫌いし、ダノンはヤクルトにこだわるのか。

ヤクルトは一種独特の社風を持った会社だ。乳酸菌やビフィズス菌の独自技術への絶対の自信や、YLという独特の販売チャネルはほかの食品メーカーとは明らかに異なっている。同社と事業提携を検討した大手食品メーカーの社長は、「ヤクルトは自主独立の意向が強く情報も出さなかった」と振り返る。その提携は後に解消された。

ただし、その独特な社風が悪いわけではない。64年の台湾を皮切りに積極進出した海外市場、特に新興国市場での成功が評価を高めているが、YL制度を整備し、時間をかけて一般消費者へ浸透できたのは、自らの哲学を持ち、それを徹底する愚直さがあったからだ(7ページ目のコラム)。

とはいえ、株の買い増しを拒否するヤクルトの姿勢は「虫がいい」と言われても仕方がない。株式を上場している以上、誰が株を買ってもいい。約束の年月を待って株を買い増そうとするダノンに非はない。

ダノンにとってヤクルトはアジア戦略のキーだ。ダノンはアジア市場で失敗が続いており、ヤクルトとの関係が解消されれば、急成長するアジア市場で足場を失うことになる。

ダノンは96年に中国の飲料最大手、ワハハと合弁会社を設立し、中国市場に本格進出した。が、合弁会社の別のパートナーから株を買い取り、過半数を握った。その後ワハハと10年に及ぶ訴訟となった。法的にはダノンに瑕疵はなかったものの、法廷闘争でイメージが悪化。「中国人消費者に嫌われ、合弁から撤退を余儀なくされた」(ワハハ幹部)。

その他のアジア地域には出遅れたまま。インド、ベトナムなど数少ない進出国はヤクルトとの合弁。世界最大手の食品メーカーで競合のネスレは中国で成長を続けている。アジア各国で事業を展開し、中国でも好調なヤクルトを手放したくはない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。