成績「オール3」、選んでいるのは子供自身だ

他人に嫉妬するくらいなら「道」を変えよう

「自分でそのコースを選んだ」と言うと、「いや、自分では選んでいない」と生徒は言うかもしれません。しかし、実際は“選んでいる”のです。その証拠に、もしオール4のコースやコール5のコースを選択したなら、それなりの勉強をするはずなのです。それを勉強しない、授業態度が悪いということであれば、明らかに自分でそのコースを“選択”しているのです。

自分で「コース」を選んだのに、嫉妬していないか

これは非常に重要なことなので、私は生徒にはいつも話をします。全国で講演会も行っていますが、中学生、高校生には、いつもこの話から始めます。

子どもたちは、本音では、勉強はできないよりはできた方がいいと思っています。しかし、いつしか、自分は“このコース”と無意識に決めてしまっており、それなりの、態度、勉強しかしないようになっていくのです。もちろん、自己選択の結果、今の自分があるということに、本人は気づきません。それをまずは気づかせてあげることが必要なのです。

先ほど述べたように、私は、別にオール2やオール3が、悪いとは思っていません。さらに学校成績がオール1だったとしても、その後の人生を謳歌し大成功された方もいらっしゃいますし、英語が苦手で、学校の勉強もできなかったが、海外で成功された方も知っています。たかだか、学校の限られた教科の成績ぐらいで人としての価値が決まったり、人生が決まったりするものではありません。

しかし、いちばん良くないことが、「羨望」「妬み」といった負の感情を持つということなのです。それがあると自分で選択した道が、価値あるものではでなくなっていきます。ですから、「自分が選んだそのコースに本音から満足しているのであれば、問題ない」というのが、私の考えです。

このような話をすると、多くの生徒たちは、できるものなら、違うコース(成績における上のコース)へ行きたいといいます。それに対して私は、

「もちろん行くことができる!」と返答します。しかしそのためには、まず、「どのコースで行くかを決めて欲しい」といいます。

現在、オール2の子はオール3にしたいといい、オール3の子はオール4にしたいといいます。ここでようやくスタートラインに立ったことになります。この決心ができた後、私は、続けて次のような質問をします。

「それは本気か?」

「そのためには、〇〇ぐらい勉強しなければならないが、本気で行きたいと思っているのか?」

そうすると、本気で決心が固まっていない生徒は、考え込んでしまいます。

次ページ家庭でできること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT