職場パワハラに対抗するには「王道」がある

「勤続25年、職場のパワハラに悩んでいます」

さて、その後ですが、本来であれば周りの同僚と手を組んでという手段もあるのですが、この場合は困難なのかと想像します。したがって、ここはその上司のさらに上司や、仕事上関係のあるほかの部署の上司レベルの人に相談をしてみるのはいかがでしょうか。

先ほど申し上げたとおり、大きな会社ではそれぞれの部署単位によってカルチャーも仕事の進め方も全然異なるものです。石黒さんの勤務されている会社も、すべての部署やすべての人がそういった態度ではないでしょう。であれば、そのギャップを利用して状況の解決につなげるべきです。

公務員相談室のような外の機関だと、どうしても社内の実体が見えにくいので、直接的な影響力を行使できないがゆえに、根本的な解決にはつながりません。ここは社内における石黒さんの応援団をいかに増やせるかが勝負です。そしてその前提はやはり、ご自身の所属する部署の中だけでなく、周りの部署からも「彼、仕事を頑張っているよね」「いいやつだよね」とい言われる評判を、日々の心掛けでいかに築けるかです。

仕事ができる=パワー

そもそも論ですが、会社において仕事ができるということはパワーにつながります。そうなれば決して社内において「弱いもの」にはなりえません。

そして、そのような結果として、上司の態度や配属が変わるか石黒さんの配置が変わるかはわかりませんが、少なくとも、直接、社内で声を上げることで最初の一歩を踏み出すことにはつながります。

繰り返しですが、同じ社内でも異なるカルチャーは存在するものです。それであればそのギャップを利用して、うまく問題を切り抜ける手法も見つかります。その突破口はどこにあるのか考えてみてください。

石黒さんがこの先、ご自身にとって少しでも働きやすい環境を見つけられることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。