「流されやすい性格」を変えることは可能だ

まずは身近なことから成し遂げていこう

逃げや負け癖、流されやすいところがあり、挫折の繰り返しです(写真:マロハ / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

キャリアアップのために、転職を考えています(転職2回。いずれも異業種)。その理由は、世の中の問題解決を自分の軸となる強みを持って取り組みたいと思っているからです。その一方で、これまで受験や就職の節目に、自分の思いどおりにならず、逃げや負け癖があり、中途半端なところ、流されやすいところがあります。
世間で言われている知識やスキルをアップして、仕事を成して行きたいのですが、自分のやりたいことが目移りしてしまいます。今は何事もネットで情報検索できるので、「次はこの業界で何かを成し遂げたい」と勉強を始めてはしばらくして挫折する、ということの繰り返しで、自分の範囲を超えられないことがトラウマのようになっています。
惰性、甘えなどと叱られると思いますが、現職で仕事をしない口先だけの上司の下で働き続けるつもりはありません。軸をしっかり持つこと、軸を見つけるための突破口、取捨選択などのアドバイスをお願いします。
介護 事務総務経理 M.Y.

解決策は意外にもシンプル

この連載の過去記事はこちら

大きな目標を立てるものの実際は行動もあまりできず、実現もできたためしがないということですね。

非常に多くの人が同じような悩みを抱えていらっしゃるのではと思いますが、その解決策は意外にもシンプルなものです。

本題に入る前に、いただいた文章の中ですばらしいと思うのは、ご自身をよくわかっていらっしゃる、という点です。

「逃げや負け癖がある」「流されやすい」など、記載されている内容は決してポジティブなことではないかもしれませんが、ご自身を正しく理解されているか否かは、このような問題に限定せずに、今後、さまざまな問題や困難にぶつかった際に解決のための強力な武器となります。それはなぜでしょうか。

次ページ自分のことを知っていることはなぜ武器になるのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。