米民主党、サンダース氏が3州すべてで勝利

指名争いは長期化へ

 3月26、米大統領選の民主党候補指名争いはアラスカ州とワシントン州、ハワイ州で党員集会が行われ、バーニー・サンダース上院議員(写真)がすべての州でヒラリー・クリントン前国務長官に大差をつけて勝利した。25日撮影(2016年 ロイター/David Ryder)

[ワシントン 26日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補指名争いは26日、アラスカ州とワシントン州、ハワイ州が党員集会が行われ、バーニー・サンダース上院議員がすべての州でヒラリー・クリントン前国務長官に大差をつけて勝利した。 

開票率約90%の時点で、サンダース氏はアラスカ、ワシントン両州で50%ポイント以上の差をつけて勝利する見込み。またハワイ州では40ポイント程度リードしている。

指名獲得に必要な総代議員数では、クリントン氏に大きく水をあけられているサンダース氏だが、西部の州で健闘したことで勢いがつき、撤退を求める民主党指導部の呼び掛けを封じ込めて指名争いが長期化する可能性が出てきた。

サンダース氏は、ウィスコンシン州で支持者らを前に「われわれは、クリントン氏のリードに大きく食い込んでいる。われわれには勝利への道がある」と述べ、勝利宣言した。

26日の党員集会後、両氏の獲得一般代議員数の差は300人弱に縮小した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT